FC2ブログ

気が向く度に更新されるVG調整録。

VGショップ大会レポ。

5月5日 タッチ松本店
参加者:6名 使用:シャドウパラディン

1回戦:VSネオネクタール 先☆
先手で安心するも、手札が全く噛み合わず点を詰められない
相手も相手でセシリアが2枚落ちて初回ライドがセシリアで点が詰まらない
後半ようやく守護者を固め引き()
ガスト重なったので☆の暴力で勝ち

2回戦:VSリンクジョーカー【星骸者】 後☆
相手展開渋ってお互い2点&トリガー反転した状態でファントムブラスターにライド
出ていたRを消し飛ばして攻撃→守護者来る→ドライブ治で1点受ける
こちらのRのアタックに相手が治を捲るも先にこちらが受けていた為回復せず
ブラントリンガーでトリガー反転させた相手がドライブ弱かったので
ガストにライドして2面踏み、効果込みの☆5でアタック→ノーガードノートリで5点!!

3回戦:VSバミューダ△【旋律】 後☆
先手のエノが非常に鬱陶しかったけど落ち着いてスルー
相手2点の時にファントムブラスターで☆乗せて殴ったら通ったので4点に
相手の盤面にパワー上がる系が少なくて多少ガードがしやすい状況に
ファントムブラスター再ライドでバウヴカーから5000出てブーストに置く
守護者無さそうだったんだけど非公開領域から出てきて焦る
ドライブが☆治で、バイヴカーが33000になり、相手の盾が20000しか無くて勝ち

完全にトリガーに助けられましたね・・・・

3-0

フォースミラーだとガストの圧が凄まじい(

Pスタンではエンフェギーゼにルアードで3へのアシスト失敗しながらも
G1(と、それ扱い)を20枚溜めて2点の相手に2ターンで5点当てるも6、7治で滅びました

結果有効ヒール4回された上でのアシスト込みなので

余り負けた気はしませんでした(強がり&めっちゃ悔しかった

ギーゼに35000要求出来る深淵を覗くルアードも大概、主にダグザ


ちらほらPスタンユーザーも増えてきました

17日以降が楽しみ&怖いですね!


では
スポンサーサイト

VGショップ大会レポ。

4月14日 タッチ松本店
参加者:5名 使用:シャドウパラディン

1回戦:VSバミューダ△【旋律】 先☆
相手の手札が芳しくない(キャロ・ソナタが無い)様子
こっちは先1Rネヴァン→VマーハRカロンR黒翼Rマーハのブン回り
キャロを引かれるものの、ファントムブラスターが盤面を荒らし、
セレナで回収されるも凌ぎ、バイヴカーからカースドランサー出したりして勝ち

2回戦:VSグレートネイチャー 先★
ファントムブラスターが終りまで手札に来ず、ガスト→ガストで戦う事に
☆2に対して勇気の4ノーを6治で決められ、雲行きが物凄く妖しくなる
相手山札残り4枚、トリガー1枚の6パンでしっかり前を捲られこちら手札0に
返しのトップがバイヴカーで、ライドしてフォース出せば勝ち確の場面で
冷静な判断を失い、Rにコールして効果使って3パンし、V1貫に捲れず敗け

・・・・完全にやらかした(ノ_<)


バミューダ△杯予選
参加者:5名 使用:旋律【キャロ&フィナ&ソナタ各4 】

1回戦:不戦勝

2回戦:VS旋律 先☆
先3でミンネ2回とステッツァから守護者2枚を引き込む
最終的に3枚の守護者を非公開領域で握れたのが大きく、
毎ターン2列止めて勝ち


新弾の追加で除去と連パンが増え、セレナの評価が変わりましたね
1枚引くだけでもブリュムよりも効率がいいので見かけ以上に強力

今のVG、凄く面白いと思います
序盤の攻防が白熱しますね


では

VGショップ大会レポ。

4月7日 タッチ松本店
参加者:6名 使用:バミューダ△
※身内の数名がCS参加で少な目(´・ω・)

1回戦:VSシャドウパラディン 先攻☆
相手がファントムブラスター引けなかったのでこっちが一方的に打点で押す
バミューダ対面は初との事なので動きを説明しつつ

2回戦:VSネオネクタール 先攻☆
G1が無いものの、それ以外100点だったのでアシスト覚悟で全キープ
トップがステッツァでブン回り展開になる
相手もイルミンとカイヴァントで打点は高いけど、時代の違いを見せつけ勝ち
ただ殴り合う対面のキャロ、ソナタ、フィナの強さは異常

3回戦:VSバミューダ△ 後攻☆
遂に来たミラーマッチ、しかも後手
リーゼロッテないと話にならないが、幸い初手にあり、更にトップで引く
序盤から3パンされ、エノが非常に面倒
更にブリュムとセレナが出てきてこちらの序盤をガードした分をリカバリしてくる
こちらはミンネで守護者引きに行きつつ後列にフィナを2面出し、殴る
相手がキャロとソナタを複数枚引き込めていないようで、後半の打点が伸びず
フィナが鉄壁を展開して押し切る事に成功

3-0

何というか、バミューダ出る度に時代が1つ先を行くVG事情
余り激しいインフレは期待しませんが、メタゲームがしっかり回ってくれるなら歓迎


では

VGショップ大会レポ。

3月3日 タッチ松本店 スタンダード
参加者:8名 使用:シャドウパラディン

1回戦:VSゴールドパラディン 後☆
マリガンに賭けてマーハファントムキープしたら1引けず戦慄
・・・・と思いきや相手もアシスト、スぺライパーツは揃っていない事を確認
とは言うものの横に広げる札が引けず、G3が3枚ダメ落ちしたりして割と八方塞
吹っ切れて雑にファントムぶっぱして守護者切らせて、耐えて、もう一回ぶっぱしたら
通って勝ち

雑すぎて申し訳なさでいっぱい( ノД`)

2回戦:VSリンクジョーカー 先☆
再ライド用のG3構えつつネヴァン展開する理想の動き
相手の場にG3以外殆どユニットが出ず、手札事情が窺える
ガスト→ガスト→ファントムと繋げて塵も残さず勝ち

3回戦:VSゴールドパラディン 先☆
スぺライされた際の殴り返しとドローソースが構えられたので、広げて殴る
相手アシストするもきっちりブロンド→レーブンと繋げてくる
前トリガー強くて一緒に捲られた☆とハウエルで際どかったけど、
生きてターンが返って来たのでファントムブラスターが全部葬ってくれた

3-0

ブラスター・ジャベリン、今更感あるけども嬉しいですね

ちょっと構成を変えて、マーニバウやカースドランサーといった、
ガストとのシナジーがあるユニットを投入してみました

特にマーニバウは単騎13000でほぼ運用できるため侮れませんね
カースドランサーはカウンターコストが無い事に安心した相手に
裏目を踏ませることができるので非公開領域から飛び出すと
ゲームがひっくり返る事もあります

では

デッキレシピ:【スタンダード】


むらくも


G3:8

4:決闘龍 ZANBAKU
4:夢幻の風花 シラユキ

G2:13

4:ライト・アレスター
4:レフト・アレスター
3:忍妖 ジャコツガール
2:忍竜 ミドロパイロ

G1:12

4:ジャミング・インピ-ダ-
4:窮追の忍鬼 ベニジシ
4:忍妖 レイニィマダム

G0:17

1:忍獣 キャットデビル【FV】
4:【忍獣 ムーンエッジ
2:【忍竜 ザンバライダー
4:【忍獣 リーブスミラージュ
2:【忍獣 キャットローグ
4:【忍妖 ユキヒメ


≪G3≫
シラユキ:今回の追加で突如として現れた、G3前トリガー兼宇宙怪獣(G環境)
SBがやや重いものの、サポートカードで本人もソウルも供給出来る優遇カード
パワーラインが低かったむらくもの貴重な防御手段兼フィニッシュ手段

ZANBAKU:ライド不可能力はややメタられつつあるも、再ライドが
主な戦術である環境は変わらないため相変わらずの展開要員&ルールブレイカー
本人に直接強化は無かったものの(ZANGEKI…)周囲が確立されたため相対的に強化

≪G2≫
アレスター2種:ZANBAKUでサーチするのは恐らくライトの為、余程じゃない限り
レフトは手札にキープする必要があります。今回でSC手段や不完全ながらもサーチ手段が
加わったので今までよりも多少、アタッカーとしてRに投げられるようになりました

ジャコツガール:影縫の再来を髣髴とさせる今回の問題児
アクセルじゃない前列で、レストすれば概ねシラユキかソウルが手に入ります
こいつの影響でむらくもがアクセルタイプの中でも異質なクランになりつつある気がします
G3がどちらもソウルを使うのでサポートとしてうってつけ、ZANBAKUもにっこり

ミドロパイロ:まるでオラクルの様な質の良い手札交換
ZANBAKUへのアクセスや、回収可能なシラユキ等を捨てて守護者を探しにいったりと多芸
アクセルの上に躊躇いなくコールできるのも○

≪G1≫
レイニィマダム:問題児その2
何故ソウルに行くのか、何故「あなたのユニット」なのか、シラユキって愛されてますね
パワーも8000あるのでアクセルの上で殴って、適当なアタックが止められたら消えていきます

ジャミング:不完全なアレスターサーチ
単体で使うとするとゲーム中1~2回が限度だけども、問題児達のお陰で見た目より扱い易い
手札にレフトを抱え込む手段が増えたのは素直に強化って感じがします

ベニジシ:フリー枠、ミリオンラットでもいいかと思います
当初ZANGEKIが入ってて、それでもオーバーキルみたいで扱いにくく、結局ZANGEKIが外れ、
シラユキとの相性も良い寄りなのでそのまま残留。初見殺ししたいわけではない()

≪G0≫
トリガー配分:☆6引6治4、シラユキが実質前トリガー
本物の前トリガーは影縫の皆さんと噛み合いが悪いのと、このデッキがアクセルのクセに
無駄にコントロール染みた挙動をする為不採用

≪使用感≫

・・・・本当にアクセルなんだろうか

ZANBAKUとアレスターによるライド、スタンド妨害、シラユキによる双方のターンのパワー減少
ジャコツ、ミドロ、インピ-ダーによる基幹パーツのサーチ

等々、【先手取って走る】よりも【パーツを構えて邪魔をして一気に攻め落とす】という
プロテクト側の戦術に近づいた気がします(元々ZANBAKUはコントロール寄り)

今まではアドバンテージの獲得手段に乏しく、全てが中途半端だった所に
臨んだ形のサポートが追加されたって感じですね



今までのVGは、新規が追加されるとメインがそれに取って代わられる形でどうしても
以前のカードが使いにくくなっていたのですが、スタンダードになってから構築の幅が
大きく広がる追加が多くて素晴らしいなと思います

では


プロフィール

Libra

Author:Libra
※主にVGプレイヤー、他のカードは長らくご無沙汰


Twitter

https://twitter.com/Ira_overdestiny

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク